目の前に広がる自然を満喫できるカフェ「NIMBUS COFFEE / ニンバスコーヒー」

カフェ・ホテル

今回は大阪の南、熊取にあるおしゃれなカフェ「NIMBUS COFFEE」を紹介します。

熊取というのは、地名のことで南大阪を代表する「関西国際空港」や「りんくうタウン」がある泉佐野市から山側に行くとあるのが熊取町です。

四方が山に囲まれた場所なので、田舎といった表現がしっくりくるかもしれません。

大阪で生まれ大阪で育ち、今も大阪に住んでいますが熊取町に来たのはおそらく初めてだと思います。

ここ数年、大阪のいわゆる泉州(大阪市より南にある海沿いの地区)と呼ばれる地域にちょこちょことおしゃれなカフェなどが増えて来てます。それも流行りに乗ったようなお店じゃないところが多い印象です。

今回紹介する「NIMBUS COFFEE(ニンバスコーヒー)」がある熊取町は泉州の中でもよりローカルなエリアです。

NIMBUS COFFEE

熊取町にあるカフェ「NIMBUS COFFEE(ニンバスコーヒー)」さん。2018年の4月にオープンされています。

〒590-0432 大阪府泉南郡熊取町小垣内4丁目
営業時間:月・火・金(11:30-17:00)

営業時間は基本11時半〜みたいですが、日によってスタート時間が変わることも多いみたいなのでお店のインスタをチェックしてから来店するのが良さそうです。

営業日も基本は月・火・金のようですが、イベントを開催してる時などによって休みの日もオープンしてるようです。

野山に囲まれた場所にシックな建物

駐車場から見えるお店
駐車場から見えるお店

ガラス張りのお店はシックでありながらも抜けの良さを感じるつくりに。熊取町の土地柄、自然に囲まれた場所にあるので開放的な空間となっています。

向かって右側にnimbus coffeeの店主の奥さんが営まれるというクッキー屋さん「so so sow」があります。左側には熊取町の自然が。

so so sow
道路に面した「so so sow」の入り口

「so so sow」さんは、水曜日と木曜日に営業されているみたいです。

店内には窓に面したカウンターと奥の壁際にベンチがあります。
外のスツールとベンチ
外から見た店内

全体的に落ち着いた質感の木材とブラックのアイアンが無骨な印象の空間です。しかし、全面ガラス張りということもあって、いかにもな男臭さが無いのも良いところだと思いました。

ブラックアイアンとウッドの落ち着いた店内

どっしりと深いブラウンの無垢材と黒色のアイアンを中心とした内装。シックで落ち着いた大人な空間です。

重厚感のある木とスチールの入り口
カフェメニューは壁に掛けられてます
エアコンが無いのでアラジンのストーブが置いてました

店内には石油ストーブの大定番「Aladdin」が置いてありました。

全体的に黒いアイテムが多い店内にあって一際目のいくところにあるストーブにはアイボリーを持ってくるあたりがすごく素敵です。

周りから独立した場所にあるからこそ成立するんだろうなと。勉強になります。

窓に面してカウンター席があります。

大きな窓に面したカウンター席では外を一望できます。真夏や真冬でなければ、外のベンチやウッドデッキに腰を下ろすのも気持ちよさそう。

大きくて綺麗なコウモリラン
店内奥にあるベンチ側から

アートやグラフィック

オリジナルパッケージのコーヒー豆

NIMBUS COFFEEのロゴにはロックテイストのグラフィックが施されています。店内奥にあるベンチ下にもスケートボードがあったりアートブックが置かれていたりとストリートやアートなどに関心があるのが伺えます。

店内入ってすぐのところにもアートブックなどが置かれています。
アートや小物などが置かれています
ベンチ下にはスケートボード

キッチンとコーヒー道具

インダストリアルな雰囲気がかっこいいキッチン

開放的でかつ業務的なかっこよさが漂うキッチン。作業台の上にあるデスクランプが渋さを引き立ててます。

奥に見える焙煎機やガスコンロも業務用のものですね。

富士ローヤルの人気機種「みるっこ」

NIMBUS COFFEEで使用しているミル(グラインダー)は業務用機器を多く出している富士ローヤルの人気機種「みるっこ」でした。

家庭でも使いやすいコンパクトサイズが人気で、業務用ミルを多く手がける富士珈機ならではの機能性や耐久性はプロにも選ばれています。

家庭用のミル(グラインダー)の中でも据え置き型で有名なのは、「Karita」と「富士ローヤル」です。

みるっこは2種類の刃が選べてハンドドリップに適した"グラインド式"とエスプレッソに使用する極細挽きを挽くことのできる"カット式"があります。

競合のカリタの家庭用コーヒーグラインダーは極細挽きに対応していないところがポイントになります。

ROCKETのエスプレッソマシン「クロノメトロ」

エスプレッソマシンは、ROCKET社の「クロノメトロ」。

ドイツ(元々はイタリア)のエスプレッソマシンメーカー「ECM」から独立して2007年に誕生したメーカーで準業務用のエスプレッソマシンを主体に製品展開をしているブランド。

ROCKET社の製品では「アパルタメント」という側面にドットのデザインがあるものが人気みたいですが「クロノメトロ」の業務用然りとしたデザインの方が個人的には好み。

まとめ

小さな看板?可愛いです、、

大阪の南、泉南にある「NIMBUS COFFEE」さん。

自然に囲まれた場所でリラックスしたい方、オススメです。木材を目一杯使用した店内はインダストリアルでとてもシックな味わいがあります。

店主の方も落ち着いた方で静かな時間を過ごせます。

それでいてストリートやアートなどの匂いもある。そんなところ。

美味しいラテと奥さんが隣で営むドーナツ屋さんのドーナツなどが食べられます。